訪問看護ステーション

ご利用方法

かかりつけの医師の「訪問看護指示書」が必要です。 かかりつけの先生にご相談いただくか、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)または、担当ステーションにご相談下さい。

 

サービスまでの流れ

サービスの内容

症状・障害の観察

血圧・体温・脈拍等の測定、心身の状態を観察し、異常の早期発見や再発防止に努めます。
医療的処理の実施、相談指導、在宅酸素療法、吸引、膀胱留置カテーテルの管理、ストマケア、床ずれ予防・処置、点滴、中心静脈栄養法、胃ろうチューブの管理など、ご本人・ご家族にあった介護技術指導を行います。

医療的処理の実施、相談指導

在宅酸素療法、吸引、膀胱留置カテーテルの管理、ストマケア、床ずれ予防・処置、点滴、中心静脈栄養法、胃ろうチューブの管理など、ご本人・ご家族にあった介護技術指導を行います。

日常生活の支援

食事・排泄の援助、入浴・清拭・洗髪等身体の清潔に関する援助、皮膚のトラブルや関節の動きなどを観察し、処置も行います。

服薬管理

薬の効果確認や副作用の観察、服薬に関する助言を行います。

リハビリテーションの実施と相談

座位・立位・歩行・可動域訓練、筋力増強運動等、医師や理学療法士等と連携して効果的なリハビリを行います。

療養生活指導

ライフスタイルを整え、悪化の予防・健康状態の維持・改善をはかります。

かかりつけ医師・サービス事業者との連絡・調整

症状に関して主治医と連携します。ケアマネジャーやサービス事業者・行政等と連携を取り、利用者が自立した生活が送れるように相談・助言を行います。

ターミナルケア・家族等の支援

痛みや倦怠感・苦痛緩和の看護・医療処置を行い、ご本人の願いに添えるよう調整します。 ご家族の介護負担を軽減して、ご本人にとって安全で安楽な看護方法を助言し、緊急時の対応を行います。

認知症・精神障害者のケア

心身の状態観察・服薬・コミュニケーションの援助や生活リズムの調整など、助言と看護を行います。